アコムで借りるのはやばい?怖いイメージは勘違い!

「カードローンは怖い!」と思っている人はいませんか?お金をダイレクトにやり取りするビジネスモデルですから、確かに少しデリケートに感じます。また、大昔のテレビや映画で見た借金取りの怖い姿を覚えている人もいますよね。

そのイメージはかなり残念な間違いです。今の時代は便利に、そして安心してカードローンを使えます。中には超大手のアコムすら「借りたらやばいんじゃない?」と思う人もいるようですが、まったくそんなことはありません。

なぜカードローンは怖いイメージがついてしまったのでしょう?そして、アコムは本当に「やばくない」という理由とあわせてご説明します。

カードローンに悪いイメージがついた理由と背景

カードローン、そして「個人がお金を借りる」ということそのものについて、ダーティなイメージを持っている人が少なくないようです。しかし、実際はまったく悪いことではなく、借りた分を返済できれば問題ないはずですよね。

どうしてもお金がなくて困った時、借入したお金で急場をしのげた…という経験をした人も多いはずなのですが、世間の一部ではどうしても悪いイメージがまだ拭いきれないようです。なぜそんなことになっているのでしょうか?

カードローンに悪いイメージを持つ理由は?
  • 昔のテレビや映画で見た借金取りのイメージが悪すぎる
  • 怖い取り立てのニュースを過去に見たことがある
  • 口コミで「怖い・やばい」など書かれていた

確かに昔のテレビや映画は怖いシーンがありました。借金取りが家に押しかけて、怖い口調で返済を迫ったり…という光景を目にしてしまったら、マイナスイメージは避けられません。

また、実際に取り立てに関する怖いニュースが流れたこともあります。昔の借金の取り立ては(取り立て行為が許されていた時点で大昔です…!)とても穏やかとは言えませんでした。

今の時代なら法律で許されない行為です。

「どこのカードローンが良いんだろう」と思ってインターネットで検索したら、「カードローンは怖い!やばい!」といった口コミが書かれていることもあります。そういった口コミを見たら、やはり不安になって当然です。

口コミを投稿した中には、実際に借りた経験談として「怖い」「やばい」と書いている人もいるでしょう。ただ、それは決して正しいと言えない部分があるかもしれません。

特に長年経営しているカードローン会社なら、「怖い、やばい」と思われるような行為を絶対にしないものです。しない理由は後で詳しくご説明しますが、もはやカードローンや借入は「怖い、やばい」という時代ではないのです。

その口コミ、理由があるのかも

たとえばあなたがアコムからの借入を考え、口コミをチェックしたとしましょう。「アコムは怖かった」「やばかった」など、気になる口コミが目に入るかもしれません。

人の感情はそれぞれなので、その口コミが嘘だと断言することはできません。ただ、「その原因の一端が本人にある」可能性も否定できないのもまた確かです。

  • 返済日に遅れて督促の連絡が来た
  • アコムからの連絡になかなか応じなかった
  • 思い通りの金額が借りられなかった

このような原因があると、どうしても望んだ結果にはならないものです。アコムの督促の連絡は決して暴力的ではなく、むしろ丁寧て事務的ですが、督促された事実に不快感を持ってしまう可能性はあります。

連絡になかなか応じなければ何度も連絡せざるを得ませんし、結果として信用できない利用者と認識され、今後は借入が思い通りにいかなくなるものです。

そのような経験をしている人が悪印象を抱き、口コミに反映されている可能性は考えておいたほうが良いでしょう。

本当は怖いんでしょ?いいえ、今時怖いカードローンはありません

今の時代、「怖いカードローン」は一切ないと断言できます。金融庁に届を出して、法律を守っている真っ当な業者あれば、「怖い」「やばい」と思われる行為は絶対にしません。

とくに大手であればあるほどブランドイメージを大切にします。たとえばアコムほど大きなブランドになれば、利用者が「怖い」「やばい」と感じるような真似は絶対にしません。

カードローンを使いたい、でもどこが安全?と悩んだら、アコムをはじめとした大手のカードローンがおすすめされるくらい、今の時代のカードローンは安全なのです。

アコムがやばくない理由って?大手ほど徹底的な法律遵守

アコムほど大手になると、カードローンのような金融商品を取り扱う業者が守らなければならない「貸金業法」を隅々まで理解し、違反しないように経営しています。

【貸金業法とは】

カードローンやクレジットカードなど、金融商品を扱う貸金業者が守る法律のこと。債務者(借入をする側)が苦しい立場にならないよう、債務者保護の観点から定められている。

昔は債務者についてよく考えた法律ではなく、返済しきれないような多額の借金を簡単にできてしまうような時代でした。そのため、返済に困り、自己破産を含めた債務整理をする人が増加し、社会問題になったのです。

その問題を受け、平成18年にこの貸金業法が制定されました。債務者の保護を念頭に置き、貸金業者側がしてはいけないことを厳しく定めています。

この貸金業法では「こわい、やばい」と思われるような行為が禁止されており、違反した業者は相応のペナルティが課され、ブランドイメージも失墜しますので、大手ほど遵守するというわけです。

アコムは長年の実績を持つ老舗の大手カードローンブランドですが、貸金業法に反することのない経営姿勢で、多くの顧客を持ち、誠実な経営を続けています。

貸金業法の内容を具体的に説明!債務者保護が何よりの基本

貸金業法は債務者の保護が基本として制定されているため、とくに債務者に向けられた項目はありません。あくまで貸金業者が遵守するべき内容であり、違反した時の罰則も業者のみに適用されます。

貸金業法の有名な項目
  • 貸付利率(金利)は最大で15%~20%までとする
  • 貸付は債務者の年収の3分の1までとする
  • 収入証明書の提出を債務者に求めなければならないことがある
  • 債務者が迷惑に感じるような過度な取り立てをしてはいけない

この4つは貸金業法の中でも債務者にダイレクトに関係し、そして少しカードローンのような個人向けの少額融資に詳しい人の間では有名です。

貸付利率に関しては最大20%となっています。過去はこの20%を軽く超える金利がまかり通っていたため、返済に苦慮する人が続出してしまいました。そのようなことがあり、最大金利を20%までにしたのです。

貸付できる金額も、債務者の年収の3分の1までに制限されています。

これを総量規制と言い、真っ当なカードローン業者ならかなりしっかりチェックする部分です。

収入証明書の提出も、債務者の返済能力を把握し、適切な貸付をするために必要だとされました。アコムでは50万円以上の借入を希望する人に対し、収入証明書の提出を必ず求めています。提出しなければ審査には通れません。

また、債務者に対して過度な取り立てをすることも厳しく禁止されています。自宅や職場への訪問はしないこと、債務者が恐怖を覚えるような態度での対応をしないことなど、この点もかなり業者が気を遣う部分になっています。

「怖い、やばい」と思われない努力をしているアコム

このような貸金業法を、アコムはしっかりと守っています。「怖い、やばい」と思われないように努力しているということですね。

もしも違反をすれば法律で罰せられ、イメージダウンは必至です。大手であればるほど世間の目は厳しくなるでしょう。そのような理由もあり、アコムをはじめ、真っ当な業者は貸金業法を守り、誠実な経営をしているのです。

  • アコムは決して「怖い、やばい」ことはしない
  • 真っ当な業者ほど誠実な経営をしている
  • もしも「怖い、やばい」と思う業者は闇金の可能性

もしかすると、アコムや他の名の知れた業者以外からお金を借り、怖い思いをしたという口コミを見たことはありませんか?電話番号が携帯電話だったり、金利が先にご紹介した20%を超えていたり、取り立てがやたら怖かったり…。

それは闇金かもしれません。闇金は正規の業者ではなく、貸金業法に違反する金利の設定や貸付け、取り立てをしてきます。正規業者なら絶対にしないことです。

カードローンが未経験で正規業者の誠実な経営態度を知らないうちは、できるだけ大手のカードローンを使ったほうが安心です。

スペックから分かる!アコムが「やばくない」理由

アコムが「怖くない、やばくない」ことは、そのスペックを見れば理解できます。アコムの人気商品、カードローンの利用限度額と金利について見てみましょう。

項目 内容
利用限度額 1万円~800万
金利 3.0%~18.0%
担保・連帯保証人 不要
入会金・年会費 不要

アコムの利用限度額は1万円~800万円、初めて申し込む時はほとんどが50万円以内です。高額を借りようと思ってもなかなか借りられません。

金利は3.0%~18.0%でしっかりと法定金利が守られています。また、他のカードローン業者と比較すると、ずば抜けて高いということはありません。むしろ最大20%を設定している業者と比較すれば良心的です。

担保や連帯保証人、入会金・年会費が不要な点にも注目です。余計な経費がかからず、万一返済に困った時にも、第三者を巻き込んだり、物品を引き取るような厳しい取り立てがないことが分かります。

返済が厳しくなった!アコムは無理な取り立てを絶対しません

「でも、返済ができなくなったら取り立てに来るんじゃないの?」。そんな疑問を持つかもしれません。しかし前述の通り、貸金業法では自宅や職場へ訪問して返済を迫ることを禁止しています。アコムももちろんしません。

返済が厳しくなった場合、確かに「返済が遅れていますがどうしましたか?」という連絡は来ます。これはアコムでも同様です。

しかし電話で乱暴な言葉を言われたり、厳しく返済を迫られることはありません。債務者が恐怖を覚えるような取り立ても禁止されているからです。

また、アコムのように長い実績を持っていれば、無理な取り立てをしたところで、お互いに良い結果にならないことをよく知っているはずです。

  • 返済遅れの連絡で怖い思いをすることはない
  • 「遅れた事情」「いつ払えるか」の確認のみで終わる
  • 無理な返済を迫られることはない

アコムから確認の電話がかかってきたら、なぜ返済に遅れたのかを話し、「何月何日なら返済できます」と伝えましょう。それだけで電話は終了します。「必ず払って下さいね」と言われることすらありません。

どうしても返済が無理!そんな時にはアコムに相談を

どんなに頑張っても、どうしてももう返済が無理だという状況になってしまう人もいるでしょう。となると、まだ返し切れていない借入残高をどうするか悩みますよね。この時、無連絡で踏み倒すことだけは絶対にやめましょう。

  • 返済計画を見直してくれるようにアコムに相談する
  • どうしても無理なら債務整理を視野に入れる

「毎月の返済額を調整すれば返済が続けられそう」という状況なら、まずはアコムに相談してみましょう。追加の借入はできなくなりますが、返済期間を延ばすなどで毎月の返済額を減らせることがあります。

それ以外でも、相談すれば何らかの手段を示してくれたり、アドバイスを親身になってしてくれます。アコムは別段、債務者を破滅させたくて経営をしているわけではありません。互いに良い結果になるように努力してくれます。

「それでもどうしても無理!」ということになったら、債務整理を視野に入れましょう。司法書士や弁護士に依頼すれば手続きを代行してくれます。アコムも無理に戦う姿勢は見せず、着地点を探すために対応します。

無理な貸付もなし!アコムなら返済能力内で借りやすい

アコムは「顧客の返済能力内で借りやすい・返しやすい」額の貸付をしています。初回の利用限度額を低めに設定するのもその一環です。借りすぎを防ぐことができますよね。

また、多彩な借入方法・返済方法を用意して、債務者が負担を感じずに利用できる環境を整えています。借りる側が計画的に使えれば、不自由な思いをすることは一切ないでしょう。

カードローンは借りる側の意識も大切です。適切な借入をする、返済は遅れない、万一遅れるようなら先に連絡するなど、ちょっとした心掛けがスムーズでストレスのないカードローン利用に繋がります。

カードローンに向いていない人も…誠実な態度が取れる人向け

アコムでは借り入れする側の立場をとことんまで考慮した経営をしています。だからこそ多くの人が利用し、長年業界トップクラスのブランドであり続けるのでしょう。

かといって、使う側がカードローンに向いていないのであれば、最終的にトラブルの元になり、アコム側とぶつかってしまうかもしれません。そうすれば「怖い、やばい」と思ってしまう可能性がありますね。

カードローンは問題なく審査に通過する人に向けられた商品です。アコムの審査に通過しないのなら、それはアコムのカードローンと相性が悪いと言えるでしょう。

アコムの審査に落ちる人は、一定の特徴を持っています。「アコムで審査落ちする人の特徴!通過する為の条件とは?」でぜひご確認下さい。

「やばい」「怖い」は的外れ!アコムで安心・安全な借入を

アコムの口コミで「やばい」「怖い」というものを見かけても、無条件で信用するのは適切ではありません。アコムほど徹底して利用者の立場を考えたサービスを展開しているカードローンはなかなかないものです。

アコムは貸金業法にのっとり、金利面、利用限度額面、総量規制面など、さまざまな点に気を配りながら経営しています。老舗ならではの手厚いサービスや対応を感じることができるでしょう。

「やばい」「怖い」よりも、むしろ「安心」「安全」に借入ができるシステムが整っているのがアコムです。初めてカードローンはどうしても不安がつきものですが、アコムならその心配をせず、ストレスなく利用できますよ。

※記載の情報は2021年10月現在のものです。

閉じる
閉じる