ロザリアン 〜新しいバラの世界〜
〜バラに魅せられた人たち〜
黒柳徹子
田川啓二
 ガーデンローズを楽しむ
村田晴夫
有島薫
梶みゆき
玉置一裕
後藤みどり
小山内健
大野耕生
 カットローズを楽しむ
市川惠一
レン・オークメイド
三輪真太郎
ローラン・ボーニッシュ
 庭バラを飾ろう
石黒秀子
〜バラに魅せられた人たち〜
 ロザリアン〜新しいバラの世界〜では「バラに魅せられた人たち」が、個々のブースを出展しています。
 「バラに魅せられた人たち」の、プロフィールなどをご紹介します。
黒柳徹子

黒柳 徹子(くろやなぎ てつこ):
女優。父はヴァイオリスト、N響(もと新響)のコンサートマスター。
トモエ学園から香蘭女学校を経て、東京音楽大学声楽科を卒業し、NHK放送劇団に入団。
その後、文学座研究所を経て女優デビュー、司会、舞台女優などマルチタレントとしても活躍。
テレビ朝日の「徹子の部屋」は34年続いている。
ユニセフの親善大使、社会福祉法人「トット基金」理事長など、福祉活動にも力を入れている。
著作「窓際のトットちゃん」は、700万部売れ、日本のベストセラーの新記録を達成。
ページの先頭へ ページを閉じる
田川啓二

田川 啓二(たがわ けいじ):
ビーズ刺しゅうデザイナー。
オートクチュールビーズ刺しゅうを手がけ、国内外の著名なデザイナーやアーティストから依頼を受ける。
テレビや雑誌のほか、展覧会や刺しゅう教室を全国で開催。
著書に「モチーフ100からはじめるビーズ刺しゅう」(NHK出版)、「Fine Embroidery 田川啓二の世界」(学習研究社)ほか多数。
ページの先頭へ ページを閉じる
ガーデンローズを楽しむ
村田晴夫

※第10回展示

村田 晴夫(むらた はるお):
1988年に村田ばら園を設立。
1997年には村田ばら園八ヶ岳農場を開設。
つるバラによる、日本の住宅事情に合わせた庭造りに定評がある。
ばら園運営の他に、東京都杉並区の「オークンバケット」などでバラを主体にした庭造りレッスンを行う。
主な著書に「つるバラ」「バラの咲く庭造り」などがある。
ページの先頭へ ページを閉じる
有島薫

有島 薫(ありしま かおる):
三越日本橋本店チェルシーガーデン ローズアドバイザー/バラの栽培のアドバイザーとして、三越日本橋本店チェルシーガーデンに勤務。
著書に「バラのコンテナガーデン」、共著「バラ大百科」など。
ページの先頭へ ページを閉じる
梶みゆき
梶 みゆき(かじ みゆき):
バラの庭造りを始め、木酢液や生薬を用いたオーガニックによるバラ栽培を成功させている。
著書には「バラの園を夢見て Part1入門編」「バラの園を夢見て Part2実践編」「バラと草木 12ヶ月のガーデニング・バイブル」などがある。
ページの先頭へ ページを閉じる
玉置一裕

玉置 一裕(たまおき かずひろ):
産経新聞メディックス勤務。
バラの新しい楽しみを提案するローズブランドコレクション『New Roses』を編集。
ローズコーディネーターとして、バラの各種イベント等のコーディネート、コンサルティングを行う。
園芸資材分野をはじめとする一般園芸・ガーデニング分野でも執筆。
愛知の私宅でバラ約400種類を栽培。
ページの先頭へ ページを閉じる
後藤みどり

※第10回展示
後藤 みどり(ごとう みどり):
総合園芸店だった実家の店を引き継ぎ、バラ苗専門店としてスタートさせてから20年。
有機栽培による良質な苗が好評で、多くのバラ愛好家に支持されている。
実践型のバラ栽培教室を開催し、バラの楽しみ方を教えている。
ページの先頭へ ページを閉じる
小山内健

小山内 健(おさない けん):
京阪園芸所属のローズソムリエ、通称『バラの鑑定士』。
バラの育種栽培、品種の鑑定などに携わるスペシャリスト。
NHK「趣味の園芸」などさまざまな園芸誌に執筆、出演。
TVチャンピオン「バラの花通選手権」2回制覇達成の経験もある。
著書に「アーリーモダンローズ」「オールドローズ」(ともに講談社)など多数。
ページの先頭へ ページを閉じる
大野耕生

大野 耕生(おおの こうしょう):
ローズグロアー。
バラ栽培の講師として各地方で講習を行うなど、多くの人に楽しくバラを育てて欲しいと精力的に活動している。
ページの先頭へ ページを閉じる
カットローズを楽しむ
市川惠一
市川 惠一(いちかわ よしかず):
市川バラ園代表。
千葉大学園芸学部を卒業後すぐ、65年よりバラ作り一筋に歩んできた。
90年に一重のバラ、「ティータイム」と「バレリーナ」を発表し一躍注目を集める。
以降さまざまな個性的な切り花を発表し続けている。
ページの先頭へ ページを閉じる
レン・オークメイド

Len Alkemade(レン オークメイド):
オランダサウス ホランド州 ノルドワイク生まれ。
デンハーグのマスターフローリストスクール卒業後、マスターフローリストとしてオランダのフラワーショップで勤務。
ヨーロピアンフラワーデザイン指導のためにオーストラリア、ニュージーランドに滞在の後に来日。
南麻布『花よし本店』勤務のかたわら、ヨーロピアンフラワーアレンジメント指導のために全国を回る。
JFTDジャパンカップやフラワーシップ大賞などの審査を担当。
かたわら株式会社アローラジャパン設立、オランダ花卉協会日本代表に就任。
多くのイベントデザイン装飾やプロデュースを担当し、またデモンストレーションを行う。
『フローリスト』の連載や「プランツインスタイル」などの著書もある。
ページの先頭へ ページを閉じる
三輪真太郎

三輪 真太郎(みわ しんたろう):
三輪ローズファクトリーの二代目バラ職人。
アイチローズファクトリー(ARF)を結成。生産者で構成されるイングリッシュローズを中心としたバラ切花生産・出荷組織が創設された。ARFはMPSに登録しており、環境と調和した切りバラ生産を目指す。
ページの先頭へ ページを閉じる
ローラン・ボーニッシュ
Laurent BORNICHE(ローラン ボーニッシュ):
パリ・ブーローニュの森に隣接する高級住宅街ヌイイ市に、100年近い歴史を持つ花店の4代目として生まれる。
16歳よりフローリストの道を歩み始め、若干20歳にして最も困難とされる仏フローリスト国家資格BP(フランス文部省認定フローリスト職業教育上級免状)を取得した実力者。
パリの老舗花店での修業、人気花店の店長を経て来日。
現在はフラワーアーティストとして横浜ロイヤルパークホテルの専属花店(株)ハマフローリストに所属し、フラワースクールの主宰、デモンストレーション、イベント企画、各種プロデュース、オリジナルブランド商品の開発など、幅広く活躍中。
ページの先頭へ ページを閉じる
石黒秀子

※中:第10回展示/右:第9回コンテスト切り花大賞作品
石黒 秀子(いしぐろ ひでこ):
日本ばら会会員。
第9回国際バラとガーデニングショウ コンテスト切り花部門盛り花で18日の大賞受賞するなどをはじめ、多数受賞。
切り花作品の評価が高い。
ページの先頭へ ページを閉じる