日本ばら会
バラの盆栽 / 跡見昭
ウィーピングスタンダード / 石井強
東京都神代植物公園
バラの相談コーナー / 日本ばら会
バラの盆栽 / 跡見昭

日本伝統の盆栽をミニバラで表現。
ヨーロッパ生まれの品種も、鉢や苔、化粧砂などの組み合わせで、日本独自の美意識が息づく風情豊かな作品に変える技術は国内外からも高く評価されています。

※第10回展示

跡見 昭(あとみ あきら):
バラ暦54年にして、バラ盆栽、盆景の第一人者。
日本伝統の盆栽をミニバラで見事に表現。
(財)日本ばら会理事。武蔵野バラ会会長。
ページの先頭へ ページを閉じる
ウィーピングスタンダード / 石井強

※第10回展示
久喜市の自宅で独学でバラ栽培に取り組み、世界のバラ愛好家たちからも絶賛されるウィーピングスタンダード仕立てのバラです。

ウィーピングスタンダードは、2〜3mの高さに育てたノバラの台木に多花性のあるつるバラ等を接ぎ、枝垂れにして、幾段もの丸い枠に枝を一本ずつ結び付けて形作ります。

石井 強(いしい つよし):
国鉄で車掌を務める傍ら、自宅でバラ栽培に取り組み、ウィーピングスタンダード仕立てのバラで国内に並ぶもののない独自の世界を築く。
退職後は新品種の作出も手掛け、ウィーピングスタンダードに適した数々のバラを誕生させた。
ページの先頭へ ページを閉じる
東京都神代植物公園(国際バラコンクール入賞花展示)

※第10回展示
神代植物公園には、バラの国際コンクール花壇があり、海外や日本の作出家が生み出したバラの新品種を栽培・展示し、二年かけて東京都と(財)日本ばら会が春と秋に審査しています。
コンクールに入賞した新しいバラ、初公開のバラをいち早くお確かめ下さい。
ページの先頭へ ページを閉じる
バラの相談コーナー / 日本ばら会

※相談コーナー風景
バラ作りの初心者から熱心なバラ愛好家まで多くの人が訪れ、毎年盛況を見せるバラの相談コーナーです。
今年も日本ばら会の会員たちが、バラに関するさまざまなご相談にお答えします。
気軽にお尋ね下さい。
豊富な知識と経験を持つバラ作りの先輩たちが、実践的なアドバイスをしてくれます。
ページの先頭へ ページを閉じる